手術を受ける前から理解しておくと良い知識

目頭切開をプラスする

女性

目頭切開をプラスしてより目を大きくできる

腫れぼったい一重まぶたにコンプレックスを感じている人の中には、二重整形を受けて目元のコンプレックスを解消するケースも少なくありません。ただ、美容整形と聞くと顔にメスを入れるという怖いイメージがあり、二重整形は気にはなっていても一歩踏み出せないと感じている人もいるでしょう。美容整形にはメスを使う方法と、メスを使わないプチ整形とがありますが二重整形の場合は「埋没法」というプチ整形も行われています。埋没法はメスでまぶたを切開するような施術は一切行わず、まぶたに小さい穴を開けて特殊な糸で固定し、目を開けたときにキレイな二重を作るというプチ整形です。メスで皮膚を切開して縫合するという手術は行わないため、術後に傷跡が残り難いというメリットが埋没法にはあります。今まで美容外科クリニックで手術を受けたことが無いという人でも、プチ整形の埋没法であればチャレンジしやすいのではないでしょうか。また、埋没法だけでなく目頭切開という手術も同時に行い、より目を大きくするという患者さんも増えているようです。

二重整形を行うことでメザイクやアイプチをしなくても、くっきりとした二重のラインをキープできるようになります。メイクで二重を作る必要がなくなるため、朝のメイク時短がかなり軽減される・スッピン時でも自分の目に自信が持てるようになるというのが二重整形の効果です。二重のラインにすることで目がグッと大きく開くようになり、目自体がより大きく印象的に見えるようにもなります。ただ、目の縦幅を広げるだけでなく横幅も広げて、より大きな目になりたいという場合は「目頭切開法」をプラスすると良いでしょう。目頭切開法は文字通り、目頭側を切開して目の横幅を広げるという美容整形で、目の横幅を狭める蒙古ひだを取り除くことができます。二重整形を受けてから目頭切開法を行うということも可能ですが、多くのクリニックでは同時の施術をおすすめしているようです。目は少しでもデザインが異なると印象がガラリと変わってしまうパーツなので、デザインを総合的に考えるのであれば同時の施術が良いとされています。

Copyright© 2019 手術を受ける前から理解しておくと良い知識 All Rights Reserved.