手術を受ける前から理解しておくと良い知識

理想の目を手に入れるには

注射器

埋没法と切開法について

くっきりとした二重瞼は誰もが憧れますよね。目が大きく見えることで、人形のような可愛らしい顔つきになりますし、メイクやお洒落の幅も広がります。もともと一重瞼だった人も、二重整形が珍しくない時代なので、魅力的な大きい目を簡単に手に入れることができるようになってきました。二重整形といってもやり方の種類が色々あるので、迷ってしまう人もいるかもしれません。そこで、それぞれの種類と特徴を説明していきます。二重整形を大きく分けると、二種類に分けることができます。一つ目は、埋没法です。これは、メスを入れない施術として有名で、初心者の人でも気軽に行えるという特徴があります。瞼の皮膚の表面と瞼を支える組織を、医療用の非常に細い糸で合わせることで二重のラインを作ることができます。施術時間が10分と短い上に、傷や腫れも最小限に抑えることができるので、忙しくて時間がない人にもおすすめです。そして二つ目が二重瞼切開法です。この方法が向いている人は、半永久的な二重を手に入れたい人や、瞼が厚い人です。施術方法は、作りたい二重のラインに沿ってメスで切開をして、そこに折れかえりのくせを作ります。さらに切開法は部分的にメスを入れる部分切開法と前切開法に分けられます。

二重整形を行う人は多くなっていますが、気をつけてほしいこともいくつかあります。そこで、埋没法と切開法に分けて注意事項を説明していきます。埋没法は永久的なものではなく、個人差はありますが糸が取れてしまうという可能性があります。それを理解した上で施術を受けましょう。そして、気軽に受けられるとは言えダウンタイムが全くないわけではありません。翌日からメイクをしても良いと言われるクリニックもありますが、腫れや内出血と相談して無理をしないことが大切です。出来れば翌日は自宅で安静にした方が良いでしょう。また、シャワーは問題ないですが、お風呂に入るのは一週間くらい避けた方が安全です。一方切開法はメスを入れるので、腫れやすく内出血も顕著に出ます。二週間くらいで大きく改善しますが、完全に症状がなくなるのは二〜三か月と言われています。それを理解して行わないと、こんなはずではなかったと後悔することにもなりかねません。そして、埋没法と違ってやり直しがきかないので、一度作ったラインを変えることができないのも覚えておきましょう。二重整形といっても施術法によって、こんなに術後の経過も違うのですね。

Copyright© 2019 手術を受ける前から理解しておくと良い知識 All Rights Reserved.