手術を受ける前から理解しておくと良い知識

なりたい二重になる

注射器

綺麗な二重のための知識

二重整形は、埋没法か切開法から選ぶことができるようになっており、その人のまぶたの状態や希望する二重の状態に合わせて選びます。その術式によって、さらにその人自身の体質などによっても腫れの具合は違いますが、ある程度のダウンタイムはあります。その際、ダウンタイムの過ごし方によっても腫れの状態がかなり違ってくる場合があるので注意するようにします。基本的に腫れている時は、出来るだけ血行を良くしないようにするというのが気をつけるべき事の一つです。血行が良くなるとどうしても腫れが長引いてしまうので、アルコール、入浴、運動などはなるべく手術当日は避けるようにします。また目をこするクセがある人の場合、埋没法だとこすったことによって糸が外れてしまい、一重に戻ってしまうこともあります。もしこするクセがあるなら、切開法を利用すればこすっても元の状態に戻ってしまうことはありません。またそれ以外にも二重整形をした後は出来るだけ目を抑えないようにする法が良く、さらに腫れが気になる時は保冷剤などで冷やすなど、腫れを出来るだけ引かせるように気をつけます。

二重整形は、医療用の糸で留めて二重を作る仕組みとなっている埋没法と、まぶたを切開してから縫合してラインをつくる切開法の2つの仕組みがあります。二重になるかどうかは眼瞼挙筋が関係しているだけでなく、まぶたにどれだけ脂肪がついているかも大きく影響します。しかし二重整形を利用すれば、生まれつき一重まぶたでも、自分のなりたかった二重の状態にすることも十分可能です。そのため二重整形を利用する人は整形手術を行う人の中でもかなり多くなっているのですが、病院側では様々なサービスを展開しています。例えば事前に説明をしっかりと受けることができ、不安のない状態で手術を受けることも十分可能となります。さらに二重整形をした後も色々とわからない点、不安な点が出てくる可能性もありますが、アフターフォロー体制も整備されています。もちろん病院によってもサービス内容は違いますが、医療ローンを利用できるところや、保証期間を設けているところなど、サービス体制も整えられている状態です。

Copyright© 2019 手術を受ける前から理解しておくと良い知識 All Rights Reserved.