手術を受ける前から理解しておくと良い知識

コンプレックスの解消

眼

二重になる方法

埋没法と切開法に分かれている二重整形は、現在整形手術を行う人の中でも選ぶ人が最も多いといっても過言ではない術式です。ではなぜそれほど人気があるのかというと、その一つが目に対するコンプレックスを解消できるというものです。日本人は進化の過程で二重から一重になっていったと言われおり、現在日本人の約7割が一重まぶただと言われています。だから実は生まれつき二重まぶたの人の方が少ないのですが、一重に対してコンプレックスを抱いている人も少なくありません。しかし一重になるか二重になるかはまぶたの構造などでも変わり、放置しておけば自然に一重から二重になるということはまずありません。しかし二重整形を利用すれば一重に対して感じていたコンプレックスを解消することができるので、自分で感じているストレスの原因を減らすこともできます。また二重自体はテープなどでも作れますが、二重整形をすればそうしたテープを使った作業も必要なくなるので、毎日の負担を軽減できるということからも人気を集めています。

二重整形はその術式、さらに手術を受ける病院によっても費用が違っているので、誰でも同じ金額を払うというわけではありません。プチ整形とも呼ばれる埋没法であれば、だいたいその費用の相場は5万円から10万円となっており、これには翌日行う消毒の費用なども含まれています。切開法は埋没法に比べると少し手間がかかる手術となるのでその費用は少し高めに設定されており、だいたい20万円から30万円がその相場です。どちらの方法を利用しても審美面を重視した治療ということになるので、健康保険は適用されず、全額自費です。自由診療となるので、その費用は病院側が自由に設定することができるため、相場よりも安いところもあれば高いところも存在しています。また二重整形に対しての評判自体はかなり上々で、特に埋没法は手軽に受けることができるという事から利用する人が増えている状態です。また切開法も根強い人気があり、綺麗なラインが作れるだけでなく、こすったりしても一重に戻ってしまう事がないという事から、花粉症で悩む二重にしたい人などにも高く評価されています。

Copyright© 2019 手術を受ける前から理解しておくと良い知識 All Rights Reserved.